ジルスチュアートについて

ジルスチュアートというブランドをご存知でしょうか?このジルスチュアートというブランド、今フレッシュな人の間で結構評判があるブランドです。

ジルスチュアートのご両親はその昔である1960年代にとても著名だった店舗を経営していたんだそうですね。その上15歳のといにジュエリーとバッグのコレクションを見てもらって27歳でジルスチュワートが自分のブランドを展開しています。

日本では1997年頃に初めて「ジルスチュアート」というブランドが紹介されるようになりました。今では日本全国のデパートや専門店などでジルスチュアートを見ることができます。

ジルスチュアートで評判がよく人気があるアイテムは、デニムもそうですしなんとショーツ、そしてドレスなどもとても人気があります。

このところではジルスチュアートもいろいろなラインを展開しつつあって、セカンドラインノジル・バイ・ジル・スチュアートも来年展開が予定されていて見込みされているラインなんだそうですね。ジルスチュアートのブランドはいろいろなアイテムがありスポーツウェアもあったりします。なのでそれらを愛用しているスポーツ関係者もいるのではないでしょうか。

比較的手に届きやすいブランドの印象がジルスチュアートにはあるんですがいかがでしょうか?私の友達がジルスチュアートの洋服だけしか買い物しない人がいたんですがおっしゃる通りすばらしいなブランドです。

レディース ファッション 福袋

ジバンシーも人気ブランドですよね

ジバンシーについて解説したいと考えます。ジバンシーは1952年に設立されたブランドですが、はじめのコレクションはお金がなかった事もあって、プレーンなドレスやコットンを材質としてシャツ、ブラウスなどが多かったといわれています。

そのような中でも、ジバンシーのシャツ生地で作られたラッフル袖で襟が開いているペッティーナブラウスは注意を集めていました。

それからジバンシーは、あのオードリーヘップバーンで有名な映画「麗しのサブリナ」の衣装も担当して注目を集め大ブームを巻き起こします。

ジバンシーは元来はは女ラインだけだったのですがメンズラインも発表していますし、香水やメンズ化粧品の提供もあります。

ジバンシーというブランドを知っている人は多々あるかもしれませんが愛しのサブリナの衣装を担当していたという事は知らない人が多々あるかもしれませんね。

ジバンシーといえば私は香水のイメージしかあまりなかったのですが、ストーリーの年季の入ったブランドだったんですね。

ジバンシーの香水を以前仲間が付けていたのですが非常にさわやかな香りがしていたのを覚えています。ジバンシーの香水は今でも流行ですし、今頃では地盤シーのメンズコスメ部門も結構ブームがあるようですね。ジバンシーはトレンドもコスメも双方展開が成功しているブランドではないでしょうか。

ジェラートピケ 福袋 2018