やっぱダンヒル?

ダンヒルは喫煙道具や革のアクセサリー、ハイグレード時計などを取り扱っている男性向けのファッションブランドです。

他にもトレンドなどもダンヒルでは展開されています。

ダンヒルを作ったのは、アルフレッド・ダンヒルという人だったのですが1893年にダンヒルの父親が経営している馬具を専門にしているメーカーを引き継いで、自身の名前のダンヒルという法人を作ったのが最初で100年以上の道のりのある老舗ファッションブランドのひとつです。

エルメスもそもそもは馬具専門店でしたから、ダンヒルと同じですよね。

ダンヒルは創業した最初はオープンカーに乗る事例に着るためのコートや革のアクセサリーなどを作って成功していたのですが、次第にご時世の流れとともに自動車に屋上が付き着手するとオープンカーの時に必要なものは要らないになってきました。

そんな訳でダンヒルはパイプや葉巻などに商品を方向転換したり、戦争で片手をなくしてしまった人が使用するためのライターなどを作っていました。

ダンヒルは1920年代ごろになってニューヨークやフランスのパリにも店を出すようになってイギリス以外の世界中に名高いになっていくのですが、フランス政府がたばこの専売決まりを設けていたので、しかも革アクセサリーを用意することになって、ダンヒルのいまがあるようですね。

コーチのファッションブランドについて

コーチは実際相当流行があるファッションブランドですよね。

このところ現実に急レベルアップしているブランドといえるのではないでしょうか。

コーチは伝統を尊重している相当大人なた感じの革製品を作ろうと思ってスタート出来たマイルズ・カン夫妻によってニューヨークで始まったのがはじめでした。

一番目のコーチは、グローブタンを使ったちょっと硬めの印象だったのですが、伝統と小粋な感じを組み合わせて相当新鮮な商品を次々に作成していって現在の総合的なブランドになりました。

コーチはほかのファッションブランドに比べれば品質がいいですし、安価な価格で提供されていますから調達する人も多いのではないでしょうか。

私もコーチのバッグで一つ望む意匠ものもがあるので購買を腹積もりていますが三〇〇〇〇円前後だったと考えます。

先日コーチのアウトレットで見定めした金額なので、本当はあとちょっと値段がしていると考えますが、コーチのアウトレットでは流行の商品も安価に取り扱われていますからうれしいですよね。

一時誰もがヴィトンを持っているポイントがありましたが現在はコーチを持っている人口の方が多々あるかもしれないというくらいコーチを持っている人は増加しているような気がしますね。

コートのミディアムダッフルのカバンもすごいです。